読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花鳥風月はひふへほ

埼玉県在住ニートの日記みいななにか。

楽園追放 観ました

どうもにっしーです。

 

楽園追放のDVDを借りてきて観ました。


コテコテのパンク系SFアニメな感じでした。ヒロインが思いの外可愛かったです(笑)



ではまた。

 

好敵手オンリーワン 読みました

どうもにっしーです。

 

 

小説「好敵手オンリーワン」(著 至道流星)を読了しました。

 

講談社ラノベ文庫から出ているライトノベルです。あ、好敵手はライバルと読ませているようです。

※本記事にはネタバレに該当する部分があります。

 

 

あらすじ:美少女幼馴染二人が、主人公を賭けてそれぞれの家の資金をどれだけ増やせるか対決をします。二人は教会の娘と神社の娘です。ちなみに全員が高校生です。

ま、早い話が経営小説という感じでしょうか。

 

 

感想:お話のテンポは良かったかなあと思います。ヒロイン二人も私には魅力的に映りました。

ただ、以下の2点が引っ掛かりました。

ひとつ目:主人公の性格や能力がよく分からない

ふたつ目:警察の行動が理解出来ない

 

 まず、ひとつ目です。主人公は幼馴染二人と比べて勉強や運動等々、多くの能力が劣っている描写が幾つかあります(これは幼馴染二人が凄まじくハイスペックなせいです)。また、全体平均と比べても、主人公の作中で明確に描かれている人並み以上のスキルは、料理スキルくらいです。

 それなのに、街中でナイフを持って襲ってきたストーカー男を素手でボコボコにして、さらには幼馴染が倒せなかったヤクザさんたちも竹刀でボコボコにします(小学校の頃に剣道を習っていたという設定がありますが、一年間のみであまり気合を入れずにやっていたそうです。幼馴染も同じくやっており事件時も竹刀を所持していました)。一体、いつこんなに強くなったのでしょうか…。

 また、後半になるとピンチになる幼馴染たちを引っ張って経営を立て直しさせ、勝利へと導きます。いつ経営のエキスパートになれたのでしょうか…(経営の勉強をする期間はありますが、数日間だけです)。

 あと、才能とは関係ありませんが、幼馴染二人の事業を読者に紹介する役目を背負うゆえか、主人公の考えることが解説的な感じで、人間味が足りない気もしました。

 総じて、主人公の能力や性格が見えづらいと思いました。冒頭の方から密かに経営の勉強をしていたりすれば、また違ったかもしれません。

 

 次にふたつ目です。この作品の世界(一応、現実世界と同等の世界)の警察はやる気があるのかとても不安になります。前述したナイフで男が襲ってくる場面では、男も主人公もストーカーのターゲットにされた幼馴染も全員が警察のお世話になります。街中でナイフを振り回して主人公たちを襲い、本来は第三者の立場であった主人公に軽傷とはいえけがを負わせたからには、どう考えても重大事件です。普通に傷害罪ですし、下手すれば殺人未遂罪にもなりかねません。それなのに、警察署で幼馴染が男を許すと宣言すると、何故か警察も男をその場で許します。いつから、それらの犯罪は親告罪になったのでしょうか…(もちろん示談等を成立させてそれをもとに起訴取り下げをお願いすることはあるでしょうが、どんな形であれ一朝一夕では済まないでしょう)。

 また、主人公と幼馴染がヤクザといざこざを起こした時も警察はやってきますが、あっさりと引き下がります。ヤクザさんが幼馴染の家に乗り込んでくる→幼馴染の母が通報して警察が来る→実は幼馴染(と主人公)がヤクザ事務所にカチコミして暴れまわったことへの弁償を求めに来ていただけだった→警察は出番終了、となります。が、現実にそんなあっさりと警察は退場しないはずです。ヤクザと未成年者が事務所で乱闘したというなら、上を下への大騒ぎです。学校へも当然連絡がいくと思いますし、一部始終を警察はしっかりと調べようとするはずです。何度でも言いますが、そもそも、傷害罪も殺人未遂罪も非親告罪です。

  未成年者という存在は、少年法で保護され、また保護者もいるので、警察の目は甘くなりがち…ということはないかと思います。少年の保護を目的とする少年法は、犯罪行為を行った人物に対して保護するためなら、普通の刑法よりも強い処置を取ることも可能です。また、保護者が保護責任を果たしていない考えられる場合も、警察や福祉当局の介入は十二分に考えられます。本作のヤクザとのいざこざにおいても、警察はそうした面まで考慮してくるはずです。

  

 

 本作は、経営とヒロインに注目して読むなら良し、それ以外を気にする方にはお勧めできない…という感じでしょうか。話のテンポや展開で突っ掛かることはあまりないかなあと思います。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

トータル・リコール 観ました

どうもにっしーです。

 

 

映画トータル・リコール(2012年版)のDVDを観ました。

 

内容:「ブリテン」と「コロニー」と呼ばれる地域に分かれた近未来の世界。「コロニー」側の人類は「ブリテン」による搾取を甘受していた。そんな現状に何となく不満を抱く主人公は、ある日、リコール社の夢を見せるサービスを受けに行く。そこで、主人公は、諜報員になりたいと申し出るが――。

 

という感じで波乱は始まります。近未来アクション映画ですね。

 

感想:う~ん。まあ、アクションシーンや未来の街並みなどの映像は良かったです。が、ストーリー自体はなんだか呆気なかった感じがします。あと、ある人物が狂信的に主人公を追う理由もよく分かりませんでした。どこかの大スクリーンで観られるならお勧めします。

 

 

ではまた。

脳とコンピュータはどう違うか 読みました

どうもにっしーです。

 

「脳とコンピュータはどう違うか」(著 茂木健一郎・田谷文彦)を読み終わりました。

 

人間の脳をコンピュータを比べて、それぞれの仕組みに迫っていく内容です。文系チックな私にはやや難解でした。

 

ではまた。

「千の刃濤、桃花染の皇姫」の体験版をやってみました

どうもにっしーです。

 

Augustさんのゲーム、千の刃濤、桃花染の皇姫の体験版をプレイ完了しました。以下、ちょこっと紹介と感想を述べます。。

18禁ゲームになります。ご留意のほどをお願いします。

 

まず……千の刃濤、桃花染の皇姫って読めますか?

私はさっぱり読めませんでした。

「せんのはとう、つきそめのこうき」と読むそうです。

ジャンルは恋愛アドベンチャーゲームになります。

 

 

 

あらすじ

二千年に渡って続いた豊葦原瑞籬内皇国(通称:皇国)は、オルブライト共和国(通称:共和国)の侵略を突如受けて敗北し占領に置かれる。ただ一人の皇位継承者であるところの宮国朱璃(みやぐにあかり)と侵略時のいざこざで記憶を失った鴇田宗仁(ときたそうじん)はともに、皇国復活を目指し奮闘する――というようなお話です。

 

ざっくり述べると和風大河ファンタジーみたいな感じでしょうか。

貴種流離譚な気もしますが、物語はほとんどが皇都・天京で展開するみたいです。

 

 

 キャラクター 

 

ヒロインズ

・宮国朱璃(みやぐにあかり)  ザ・メインヒロイン。冒頭で宰相・小此木が乗る車を襲撃する様は、ザ・テロリスト。国を奪われ、復讐に生きる状態から、皇位継承者として皇国のこれからを考えるようになり、いずれ立派な為政者になる――ことが本作のひとつのテーマかも。なにやら秘められし力がある感じ。

 

f:id:nishikaranoborutsuki:20160721204401j:plain

宰相に襲い掛かろうとする宮国さん。なんだかダークサイドに堕ちている感が漂う。

 

 

・稲生滸(いのう ほとり)  共和国を標的とする武装抵抗組織・奉刀会のトップであり、国民的歌手でもあり、そして幼馴染として主人公を献身的に支える存在でもある。主要登場人物で一番忙しそうな方。凄腕の剣使い。

 

f:id:nishikaranoborutsuki:20160721204713j:plain

ヤンデレ化して体験版内のクライマックスを作る稲生さん。

 

 

 ・椎葉古杜音(しいのは ことね)  呪術を使う皇国の巫女。その力は絶大であり、行方不明になった人物を探す、刀を再生する、治療することや、さらには本人曰く、丘を吹き飛ばすことも出来るらしい。体験版内では、実は一番戦闘力が高いかもしれない。人は見かけによらない。

 

f:id:nishikaranoborutsuki:20160721205023j:plain

椎葉さん。かわいい。

 

 

・ 鴇田奏海(ときた かなみ)  皇国の偽りの帝にして、主人公の義理の妹。つまりは、偽帝にして義妹。現状は、共和国および宰相・小此木の操り人形状態である。体験版内で、最も不自由な立ち位置か。義妹パワーでの逆転劇に期待。

  

f:id:nishikaranoborutsuki:20160729184640j:plain

小此木によるスモハラを受ける鴇田奏海さん。

 

 

・エルザ・ヴァレンタイン  共和国サイドの人物。主人公たちが通う学院の生徒会長でもあり共和国軍の師団長でもある。共和国軍を率いて、自らも戦うタイプ。真の民主主義を広めようと考える、なかなかの理想主義者にして野心家。おかげで、父、ウォーレン・ヴァレンタインとは馬が合わない様子。凄腕の銃使い。

 f:id:nishikaranoborutsuki:20160729184525j:plain

 ここで重大情報をひとつ。当ブログの中の人は、エルザ・ヴァレンタイン推しである。

 

 

おっさんず

・小此木時彦(おこのぎ ときひこ)

 ザ・君側の奸。皇国の宰相を務める。皇国を共和国に売り渡した張本人という完全悪役ポジション。きっと、彼には彼なりの理念や考えがある……はず。あえてフォローするなら、彼が皇国を裏切ったからこそ、物語が始まったのであり、物語の仕掛け人と言えるかもしれない。

 

f:id:nishikaranoborutsuki:20160721205619j:plain

 若かりしころはイケメンだった(かもしれない)面影が残る小此木さん。

 

 

・槇数馬(まき かずま)

 奉刀会の副会長。タカ派路線であり、同会トップの稲生滸とは方針が相反している状態。でも、組織にはバランスが大事……かもしれない。

f:id:nishikaranoborutsuki:20160721205915j:plain

 作中もっとも偉丈夫だと思われる槇さん。

 

 

・ウォーレン・ヴァレンタイン

 エルザ・ヴァレンタインの父。共和国軍の総督。帝国主義者。優秀な娘と意見が合わないというのは、父としてどうのような心境なのだろうか、推し量ることは難しい。体験版ではあまり出番がない気がする。今後に期待。

 

f:id:nishikaranoborutsuki:20160721210050j:plain

体験版内では他おっさん二人に(出番回数的に)後れをとったウォーレンさん。

 

主人公

・鴇田宗仁(ときたそうじん)

 顔良し、性格良し、剣強しな完璧系主人公。思考の視野も広い。凄すぎぃな気もするが、お相手するヒロインたちの名声、実力、立場等々が国家レベルなので、これくらいのスペックは必須かも。記憶喪失中。この御仁も何やら秘められし過去がある模様。

 

f:id:nishikaranoborutsuki:20160721210731j:plain

見かけによらず声が渋い鴇田宗仁さん。

 

 

上記の他にもサブヒロインたちをはじめ、魅力的な面々が登場しています。作品HPや体験版で是非ご確認のほどを!

なぜわざわざおっさんずを取り上げたのか?それは、おっさんずは立ち位置のバランスがそれぞれ取れていて、かつヒロインたちとそれぞれ対立関係にあるため、おっさんずを紹介することによって物語の奥深さを同時に紹介出来るという私の深謀遠慮である。

 

 

f:id:nishikaranoborutsuki:20160821175508j:plain

サブヒロインのうちのひとり、来嶌・マクスウェル・紫乃(くるしまーしの)さん。家は大財閥である。関係ないがマクスウェルと聞いて物理学の思考実験を思い浮かべた読者の方、僕と握手しましょう。

 

 

雑感

  かなり期待度が高まる内容でした。ストーリー、BGM、絵、キャラクターどれもなかなかにレベルが高いと感じました。

 特に目を引くのは演出でしょうか。例えば、爆発するシーンではリアル調で炎がメラメラと燃え上がり、煙がモクモクと発生します。かなり、「動く」感が全体を通してあります。

 ま、私が拙い文章で紹介してもあれなので、PVを張っておきます(笑)

 

www.youtube.com

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つめたい転校生 読みました

どうもにっしーです。

 

「つめたい転校生」(著 北山猛邦)を読了しました。

人と人外との恋模様をミステリタッチで描いた短編集です。

 

無事に恋が成就したり悲恋に終わったりと様々です。

個人的には”かわいい狙撃手”あたりが一番良かったかなあと思います。

 

ではまた。

MM9₋invasaion₋ 読みました

どうもにっしーです。

 

「MM9₋invasaion₋」(著 山本 弘)を読み終わりました。

 

あらすじ――怪獣小説、MM9の次巻になります。自然災害のひとつとして、「怪獣災害」がある現代日本。今作では、首都・東京へ宇宙から怪獣がやってきます。その脅威に立ち向かう主人公の高校生や前作でも登場した怪獣ヒメ、そして気象庁特異生物対策部(自然災害なので気象庁担当)の活躍が描かれています。

 

感想――相変わらずの細かな描写とSF度が濃い展開でした。前作より、エンタメ色が強いような気もしましたが、いかんせん前作を読んだのがかなり前なのではっきりしません(笑)。

 

ではまた。